年代別肌の悩みベスト10

今年の年代別肌の悩みベスト10
Pocket
LINEで送る

今30代のあなた、10代や20代の時はニキビで悩み、今はシミやシワで悩まされている人が多いのではないでしょうか。年代によってお肌の悩みは変わってきます。年齢を重ねることは避けたくても避けられません。
現実をしっかりみつめ、今後40代や50代で悩むことになるであろう肌トラブルに備えましょう。
 

急に老けたと思う30代、これに要注意

  1. 毛穴の開き
  2. しみ
  3. 毛穴の黒ずみ
  4. 乾燥 / かさつき
  5. くすみ
  6. クマ
  7. ハリ / 弾力のなさ
  8. しわ
  9. にきび
  10. ざらつき

 
30代のお肌に関するお悩みランキングは上記のような結果になりました。実は毛穴の開きは20代では3位、しみは5位となっています。そして毛穴の黒ずみは1位です。
その20代では1位だった毛穴の黒ずみを差し置いて、30代では毛穴の開きが1位になっています。そしてしみが2位という結果に。30代では毛穴やしみといった、目立ちやすい肌トラブルを気にするようになる傾向があります

気になる毛穴の開き!対策方法とは

1度開いてしまった毛穴、改善は難しいと思いますか?もちろん毛穴を完全に閉じることは不可能ですが、今より少し毛穴を小さくすることは可能です。それには、肌をしっかり保湿してあげることです。しっかり洗顔フォームで毛穴に詰まった汚れを落とし、保湿を徹底するようにしましょう。定期的にパックなどをするようにするとよりいいかもしれません。

まだまだ若くありたい40代、これに要注意

  1. しみ
  2. 乾燥 / かさつき
  3. 毛穴の開き
  4. くすみ
  5. しわ
  6. ハリ / 弾力のなさ
  7. 毛穴の黒ずみ
  8. クマ
  9. ツヤのなさ
  10. ベタつき

 
40代ではしみが堂々の1位となりました。30代では数えられるくらいのしみしかなかったのに、40代で一気にしみが増えたという人もいることでしょう。若い時はこんなにしみで悩むなんて思ってもみなかった、という人が多いはずです。しみのケアしっかりしておくようにしましょう。

消すことも出来る!?しみへの対策方法

しみへの対策方法は、徹底したUVケア・生活習慣の改善・美白ケアの3つです。紫外線の蓄積によってシミが起こる原因となってしまいます。そのため冬でも、日焼け止めを塗るなどの徹底したUVケアが欠かせません。
そして女性ホルモンの乱れによって、しみは増えてしまいます。女性ホルモンのバランスが乱れないよう、バランスのよい食事と睡眠を心がけましょう。美白ケアのできる化粧品には、しみを消す効果の期待されるものもあります。しみを消したい、予防したいと思っている方はしみの予防と消す効果の期待できる化粧品を使うようにしましょう。

「若い」って言われたい50代、これに要注意

  1. しみ
  2. しわ
  3. ハリ / 弾力のなさ
  4. くすみ
  5. 毛穴の開き
  6. 乾燥 / かさつき
  7. ツヤのなさ
  8. 目元の潤い不足
  9. クマ
  10. 毛穴の黒ずみ

 
50代ではしみが1位、しわが2位となりました。ししみは40代と同じですが、40代で5位だったしわが、なんと堂々の2位に。50代に突入すると、一気にしわが増えてしまうのでしょうか。歳だから仕方ないと思わずに、しっかりしわ対策をしていきましょう。

しわさえなければ若く見られるのに!しわ対策方法

残念ながらしわは消すことができません。しかししわの深さを浅くすることはできます。しわの深さが浅くなるだけで、最低でも3歳は若く見られることでしょう。しわの深さを浅くするには、保湿と顔の筋肉を鍛えることです。保湿を徹底し、毎日5分でも顔の筋肉を鍛えるトレーニングをするようにしましょう。よくテレビなどでも放送されている、「あいうえお体操」などのトレーニングを行うといいですよ。

おわりに

年代によってお肌のお悩みに違いがあるということをわかって頂けたことでしょう。これからどんな肌トラブルが出てくるのかを把握し、対策するようにしましょう。
毛穴の開き・しみ・しわ対策に共通することは保湿です。どの年代でも肌の保湿ケアは欠かせないと言えるでしょう。