若いころとは違う!30代からの美白のポイント

若いころとは違う!30代からの美白のポイント
Pocket
LINEで送る

最近では「美白」という言葉が流行していますよね。お肌は、若い頃は28日ほどで生まれ変わりますが、30代・40代になると45日ほどかかってしまいます。
そのため若い頃に比べ、念入りに美白ケアを行う必要があります。
 

くすみは治る!?6つの原因と対処法

老けて見える、肌が汚く見えるくすみで、お悩みの方が多いのではないでしょうか。出来るのであればくすみを予防したい、消したいと思うことでしょう。
くすみにはさまざまな原因があり、原因によって対処方法が異なります。ここではそのことについて詳しく説明します。

1.古い角質による蓄積

30代に入ると皮膚のターンオーバーが遅くなり、角質がたまりやすくなってしまいます。そのため適度に角質を落とすためのピーリングを行い、お肌の新陳代謝を高めるようにしましょう。
自宅では週に1回程度行うようにしましょう。やり過ぎてしまうことでお肌を傷つけてしまうことがありますので、余分な角質を優しく取り除くイメージで行うようにしましょう。

2.紫外線や炎症によるシミや色素沈着

紫外線や炎症によって、黒色に含まれるメラニンという成分が生成されてしまいます。
またニキビや摩擦などの刺激によって、お肌に炎症が起こると色素沈着が起こる可能性があります。冬でも日焼け止めを塗るなど徹底したUVケアに、お肌の保湿は欠かさないようにしましょう。

3.乾燥による影響

お肌が乾燥することで角質層のキメが乱れてしまいます。角質層のキメが乱れると光の透過性が悪くなり、お肌がくすんで見えてしまうのです。
またお肌が乾燥することで、肌のバリア機能が低下し紫外線などの影響を受けやすくなってしまいます。化粧水や美容液、保湿クリームなどを活用し、お肌が乾燥しないようにしましょう。

4.糖化による影響

体内で代謝されなかった糖質がタンパク質と結びついて茶色に変化し、蓄積してしまうことを糖化といいます。糖化が真皮層に蓄積することで肌の色に変化をもたらすと同時に、皮膚のターンオーバーも低下させてしまうのです。
糖質を取り過ぎない食生活を心がけましょう

5.血行不良による影響

血行不良になってしまうと、肌が暗くくすんで見えてしまいます。しかし血行が良いと輝かしい肌に見えるのです。体の冷えや睡眠不足に気をつけ、バランスの摂れた食事をとるようにしましょう。

6.毛が濃い

毛が濃いということも、お肌の黒ずみの原因とも言えます。自己処理をしたり、脱毛サロンへ通ったりして対処するようにしましょう。自己処理を行う場合は、お肌の角質層を傷つけないように気をつける必要があります。

美白ケア効果を高めたい!〇〇がおすすめ

30代は最もストレスが溜まる年代と言われています。そしてストレスが蓄積されると、お肌にも影響が出やすくなると言われています。
そのため美白効果を高めるためには、ストレスと上手に向き合うことが必要です。ストレスを溜めないことは100%無理だと言えることでもあるので、自分にぴったりのストレス解消方法を見つけましょう。
例えば運動、運動するということは気持ちのリフレッシュに繋がります。ウォーキングなどの軽い運動を始める、趣味を見つけてリラックスできる時間帯を作ることも必要です。うまくストレスと向き合い、美白ケアを行うようにしましょう。

おわりに

ご自分のくすみの原因を把握し、正しい対処方法を行うようにしましょう。共通して言えることは、保湿を欠かさないということです。肌の感想はくすみだけでなく他にも悪影響を与えてしまいます。化粧水・美容液・保湿クリームなどを使用し、お肌の保湿は欠かさず、ストレスと上手く向き合い美白ケアを行うようにしましょう。